出訴期限法

アメリカ不動産
【出訴期限法 / Statute of Limitations】

皆様、こんにちは。DEAI TEAMのTomokoです。

今日は、アメリカ不動産にも関わるカリフォルニア州の法律、出訴期限法 / Statute of Limitationsについてご説明いたします。

Statute of Limitationsを辞書で引くと、その間に法的行為をすることができる期間を規定する法令と出てきます。

出訴期限法
【90日】
スーツケース、洋服、鞄、ジュエリーなどのパーソナルプロパティである個人財産をホテルやアパートなどに忘れてしまった場合など。
所有者はそこを立ち去った日から90日間、ホテルや大家さんを訴えることができます。

出訴期限法2
出訴期限法3
【6ヶ月】
空港の税関や税務署などで、個人財産を公的に押収されてしまった場合など。
所有者は、押収された日から6ヶ月間オフィサーを訴えることができます。

出訴期限法5

【1年】
不正に名誉毀損を受けたり、負傷や死亡してしまった場合など。
偽造小切手などによって、不正に損失を受けた場合など。
名誉毀損を受けたり負傷や死亡した日、または不正に損失を受けた日から1年間、相手や銀行を訴えることができます。

出訴期限法4

【2年】
口答での約束を交わし、書類上の契約書がない場合。
口約束をした日から2年間、保険会社の方針に基づいて相手を訴えることができます。

出訴期限法6
【3年】
不法侵入などによる不動産への損傷がある場合や、銀行からの差押さえがある場合。
不法侵入を見つけてから3年間、不法侵入者や銀行を訴えることができます。

出訴期限法7

【4年】
書面による全ての契約に対して、告訴をする場合。
ほとんどの不動産契約はエスクロー終了日から4年間訴えることができます。
ちなみに告訴は、取引終了日より可能。

エスクローが完了しなかった不動産取引の場合、オファーをした日から4年間訴えることができます。

出訴期限法9

【10年】
米国全ての裁判所での判決に対する告訴をする場合。
判決日より10年間、訴えることができます。

出訴期限法8

これらの期間が過ぎてしまうと、告訴することができません。
特にアメリカ不動産取引の出訴期限法は4年間、ということを覚えておきましょう。


< DEAI TEAM <RE/MAX ESTATE PROPERTIES >は

カリフォルニア州でも南カリフォルニア、ロサンゼルス近郊に14箇所のオフィスがあります。

皆様がハリウッド映画、ドラマでよく目にする、ロサンゼルスのハリウッド、ビバリーヒルズ、サンタモニカなどのビーチ沿いにある一般住宅などがDEAI TEAMの不動産売買エリアです。

 

そのエリアで一般住宅の不動産売買をお考えの方は、是非お気軽にDEAI TEAMへご相談ください。

 

Cal BRE # 01972145 Tomoko

 

DEAI TEAMメールマガジン<最新不動産ニュース>のご購読希望の方は

http://www.deaiteam.com/register/member/

DEAI TEAM<YouTube公式チャンネル>のご視聴は

https://www.youtube.com/channel/UCbt6FDivIn1Sx8DYfXBftLg

DEAI TEAMへのアメリカ不動産売買のご相談は

http://www.deaiteam.com/contact/

DEAI TEAMのWebサイト

http://www.deaiteam.com/