House

売却に際しての客観視の重要性

こんにちは。Jayです。

家の売買というのは、ほとんどの人たちにとって、人生で最も大きな資産の取引となります。

特に、ご自宅物件の売買となると、双方ともに”感情”がそのプロセスへ大きな影響を与えることが頻繁に起こります。
私は現場で毎日それへ遭遇しています。

その経験を通じて気づいた、セラーさんへの注意点について、今回はお伝えしたいと思います。
ご自宅の売却を検討なさっている方は、是非参考になさってください。

 

Portrait of happy young family in front of new home with sold real estate sign

 

私がセラーさんへ必ずお伝えするのは、

「バイヤーは『あなたの家』を買うのではなく、『自分の家にする物件』を探している」

ということです。

「この素材は、私が探してきた希少なもので、とても高額」など、ご自分の好みだからという理由でコストをかけて行った改装を、見に来た人も同様に評価してくれるとは限りません。

自宅物件はセラーさんにとっては特別なもので、「他の家とは違う」という誇りを持っておられる方は沢山いらっしゃいます。
それは当然のことです。

しかし、売却の際には、その”主観”や”思い入れ”を、ちょっと横に置くことがとても大切となります。
この”主観”や”思い入れ”は、相場を上回る価格を設定してしまう原因となり、その結果、売却を難しくすることがあるからです。

 

Home for sale on the white background

 

さて、あなたが家を購入した際のことを思い出してみてください。
希望条件を書き出して複数の物件を見て回り、「ここは良い、あそこはあまり気に入らない」と、どの物件も客観的に比較検討していたはずです。

セラーとなると、今度はそれを受ける側に回ります。
そして、様々のバイヤーからの批評が耳に入ってきます。

不動産市場では、通常、売りに出して最初の2~3週間が大切な勝負の期間と言われています。
売り出し始めには、そのエリアで家を探しているバイヤーたちが「新しく売りに出た」と、こぞって見に来ます。
その時にバイヤーの心をつかめるかどうかが、市場期間や売却価格の決め手となります。

人間の心理で不思議なのは、良いオファーがなかなか入らないと気を揉む一方で、逆にすぐにオファーが入ってくると「安売りしてしまったかも。。。」と考えてしまう傾向があるということです。

 

6747259Small

 

実際の例ですが、私が適正価格とアドバイスした価格で売りに出し、ほんの数日で、現金一括フルプライスの素晴らしいオファーが入った物件がありました。
するとセラーさんは、「売値が安過ぎた」と思い直してそのオファーを却下し、数万ドル値上げした価格で、再度売りに出したのです。
結果として、その物件は、売り出しからしばらく経ってから、最初のオファーよりも悪い条件で売却を完了することになりました。
セラーさんにとって大きな後悔の残る取引に終わってしまいました。

売却成功の秘訣、それは「客観性を持つ」の一言に尽きるのです。

DEAI TEAMメールマガジン<最新不動産ニュース>のご購読希望の方は

http://www.deaiteam.com/member/register/

DEAI TEAM<YouTube公式チャンネル>のご視聴は

https://www.youtube.com/channel/UCbt6FDivIn1Sx8DYfXBftLg

DEAI TEAMへのアメリカ不動産売買のご相談は

http://www.deaiteam.com/contact/

DEAI TEAMのWebサイト

http://www.deaiteam.com/