gyudon

吉野家は、牛丼一筋だった

こんにちは。
DEAI TEAMのJayです。

私が学生だった頃、地元の池袋(東京都豊島区)西口の吉野家へよく行っていました。
いつも店の外で、”うまい吉野家、味の吉野家、牛丼一筋80年”と客引きの曲が流れていました。
その曲は今でも口ずさむほど脳裏へ焼き付いていて、すごい宣伝だった覚えがあります。

それが、先日帰国して吉野家を通りかかったときに、大きなショックを受けました。
牛丼だけでなく、豚丼、天丼、うな丼まである。。。
あの、”牛丼一筋”の曲も流れていない。。。

私はお店の前に立って、じっとメニューを見つめました。
確かに、豚丼も、天丼も、うな丼も、実に美味しそうです。
「久し振りに日本の吉野家で牛丼を食べてみようかな?」という考えが一瞬頭をよぎったのですが、「いや一筋でなくなった吉野家では食べない!」と、なぜか意地になって、結局店には入りませんでした。

この吉野家の例に限らず、様々な業界で多様化・多角化が進んでいます。

私の同業者でも、不動産売買だけでなく、保険やサプリを売ったりしている人は少なくありません。
事業の拡大なのか、または、本筋で成り立たないから他へ手を出すのか、それぞれ背景が異なるとは思います。

ただ、ひとつ残念に思うのは、多様化で専門性が薄れてしまっていることです。
よほどの大企業でもない限り、他へ手を出したらどれも中途半端になると思うのです。

吉野家が牛丼一筋でなくなったショックが、逆に、「自分は絶対に不動産一筋を貫く!」という決意を新たにさせてくれた気がします。

私にとって「不動産一筋」の大きな柱になっているのは、「相互尊重」。

自分のお客様は当然のことながら、仕事に関わる全ての人たち:売買の相手、そのエージェント、エスクロー、ローンオフィサー、インスペクター、ハンディマン、ハウスクリーニングの方たちなど、全員へ尊重を持って接することを常に心がけています。

そして、自分も皆さんからの尊重に値する知識、経験、能力、仕事に対する姿勢を、高いクオリティーで磨き続けること。
また、”相互尊重が成立しない人とは関わらない”をポリシーとしています。

このことを肝に銘じて日々精進を続ければ、絶対に「不動産一筋」で社会へ貢献できると、私は信じています。

DEAI TEAMメールマガジン<最新不動産ニュース>のご購読希望の方は

http://www.deaiteam.com/member/register/

DEAI TEAM<YouTube公式チャンネル>のご視聴は

https://www.youtube.com/channel/UCbt6FDivIn1Sx8DYfXBftLg

DEAI TEAMへのアメリカ不動産売買のご相談は

http://www.deaiteam.com/contact/

DEAI TEAMのWebサイト

http://www.deaiteam.com/