roofing8

屋根の種類について(後編)

roofing6

皆さま、こんにちは。DEAI TEAMです。

前回の投稿に引き続き、今回も屋根の種類とそれぞれの特徴についてのお話です。
前編でお話した3種類のほか、下記の3種類が主な屋根の種類となっています。

 

 

slate roof

4)Slate
石板の素材はとても重く頑丈で100年近い耐久性があり、修繕やリサイクルも簡単です。
高級な外観ですが、このタイプは色が濃いので日差しの強いエリアには不向きです。
コストは他の素材と比べて最も値が張ります。

 

metal roof

5)Metal(stainless steel, aluminium, copper)
Metal屋根は軽量で断熱効果と耐久性に優れて(50年ほど)います。
コーティングを施した素材はコストが上がりますが、リサイクル率も高くかつ多様なデザインを有するなど、沢山の長所があります。

 

fiber cement roof

6)Fiber Cement
これは、コンクリートと粘土と木の繊維質を混合して作られたもので、耐久性と断熱性に長けています。
前述のClay & Concrete tileより軽量なため特に頑丈な構造を必要としません。
様々な手触りや色のバラエティがありますが、ヒビが入りやすい素材なので気温の低いエリアには適していません。

 

roofing7

 

屋根の種類を決める際は、家のスタイルや外壁の色、周囲の家並との調和、それぞれの長所と短所、ご予算、を合わせて考慮なさってください。

景観統一のために、お家の外観(屋根のタイプや色なども含む)について規則を定めたエリアもあります。

また、屋根の交換は、通常市役所へ許可申請も必要ですので、事前に市のBuilding Departmentへ必要項目を確認なさってください。

もし、後にソーラーパネルの設置をお考えの場合は、ソーラー会社へも事前にご相談ください。
なぜなら、ソーラーパネルの設置に適さない種類の屋根があるためです。

2,3年ごとに屋根の検査をして必要なメンテナンスをすることで、屋根の寿命を延ばし、雨漏りを防止することができます。

そして、屋根は家の外観へも大きな影響を与えるということもお忘れなく。

 

DEAI TEAMメールマガジン<最新不動産ニュース>のご購読希望の方は

http://www.deaiteam.com/member/register/

DEAI TEAM<YouTube公式チャンネル>のご視聴は

https://www.youtube.com/channel/UCbt6FDivIn1Sx8DYfXBftLg

DEAI TEAMへのアメリカ不動産売買のご相談は

http://www.deaiteam.com/contact/

DEAI TEAMのWebサイト

http://www.deaiteam.com/