wood floor

6種類の床材(前編)

皆さま、こんにちは。DEAI TEAMです。

床材は、使い勝手だけでなく、家の中の雰囲気やデザイン、そして家の価値にも大きく影響を与えます。
同じ家でも、キッチンや浴室、リビング、廊下や階段、寝室など、場所によって種類を使い分けます。

ここに、代表的な6種類の床材について簡単にまとめてみました。
今回は、そのうちの3種類についてお伝えします。

是非ご参考になさってください。
wood flooring
< ハードウッド >
これは最もコストが高い床材のひとつで家に高級感を与えセールスポイントにもなります。

長所:ナチュラルな素材で高級がある、耐久性があり傷やシミなどは表面をsandingしてrefinishできる
短所:コストが高く設置もスキルが要求される、断熱や防音効果は無い、水に弱い

メモ:コスト的にお手頃なラミネートやエンジニア・ウッド、デザイン豊富なタイル床材の受領が高まり、新築物件でHardwoodを見かけることは少なくなっています。

 

laminated flooring
< ラミネート >
人工的にハードウッドに似せて作られた素材で、当初はコストが安いことが売りでした。ここ数年、質の改善が進みデザイン性でも需要が高まっています。

長所:設置がシンプルであること、表面が硬く傷やシミがつきづらい、掃除が簡単
短所:表面が木製でないため古くなるとrefinishができない、水に弱い(キッチンや浴室には不向き)、滑りやすい(階段などには不向き)

メモ:お家の改装で古くなったカーペットをラミネートにするのは人気です。デザインや材質で幅広い選択肢があり、とても有効な床材と言えます。

 

engineered wood flooring

< エンジニア・ウッド >
複層のべニア板などで作られた合成床材で、表面はハードウッドです。

長所:見た目はハードウッドと区別がつかない高級感がある、コストは少しお手頃、設置や掃除が簡単
短所:表面は木でもその下は合成素材のためrefinishは一回しかできないものが多い、耐用年数はハードウッドより短い

メモ:とても質の優れたものもあり、高級住宅でハードウッドに変わって需要が増えているようです。

次回、後編では残りの3種類についてお伝えします。

 

DEAI TEAMメールマガジン<最新不動産ニュース>のご購読希望の方は

http://www.deaiteam.com/member/register/

DEAI TEAM<YouTube公式チャンネル>のご視聴は

https://www.youtube.com/channel/UCbt6FDivIn1Sx8DYfXBftLg

DEAI TEAMへのアメリカ不動産売買のご相談は

http://www.deaiteam.com/contact/

DEAI TEAMのWebサイト

http://www.deaiteam.com/