shutterstock_598629284small

キッチンカウンタートップの代表的な6種類

皆さま、こんにちは。DEAI TEAMです。

お家の改装で最も価値を高める項目の一つがキッチンです。良いデザインで綺麗にリモデルされたキッチンは大きな魅力となります。
ここではキッチンの印象へ影響を与えるカウンタートップの代表的な6種類についてお伝えします。
是非ご参考になさってください。

1)クオーツ

shutterstock_405721423

最近、人気が高いのがクオーツです。
これは人口と自然の素材を混合して作られたとても頑丈なものです。

長所:通常のキッチン使用では損傷どころか表面の傷の心配もなく、シミも付かず衛生的。
短所:熱にあまり強くない。明るい色を選ぶと直射日光で色あせすることがある。
メモ:洗練された素材なのでコンテンポラリー建築の家に適します。

2)グラナイト

shutterstock_668394010 (1)

様々な種類がある中で最も需要が高く、キッチンカウンターの主役と言える素材です。
長所:ヒビや損傷、そして熱にも比較的に強い。シールのコーティングを定期的に施すことでシミも付かない。
短所:定期的にシールコーティングを行わないと油が中へしみ込んでしまうリスクがある。
メモ:素材は必要分を一度に揃えてください。
間を空けて追加購入すると同じ種類でも色合いや模様が多少異なることがあります。

3)クラッシュ硝子

crash glass surface

ビール瓶や窓ガラスなどをリサイクルした、新しいエコ素材です。
長所:傷やシミ、焦げ跡の心配がない。表面のシールコーティングも必要なく、直射日光で色あせもしない。
短所:レモン汁など酸味の強いものを置くと表面を腐食させる場合があるので、すぐに拭き取ることが大切。
メモ:耐久性が高い一方、コストも高くなります。

4)ラミネート

laminate countertop

プラスチックと紙を混合した素材で、無限なデザインを可能とします。
長所:お手頃のコストで、木やグラナイトなど外見をあらゆるものに似せたデザインができる。
短所:他の素材に比べて、表面に傷やヒビそして焦げ跡が発生しやすい問題がある。
メモ:ラミネートをカウンターに使用すると安っぽくなってしまうため、お勧めしていません。

5)タイル

グラナイトが出てくるまではカウンタートップの主流素材でした。
長所:傷やシミや熱に強く、掃除も簡単。ヒビの入った部分だけの交換も可能でコストもお手頃。
短所:硬いものを落とすとヒビが入りやすい。目地の部分を清潔に保たないとバクテリア発生の原因となる。
メモ:様々な模様や色をミックスさせて独自のデザインでカウンタートップを作る楽しさがあります。

6)コーリアン

engineered countertop

アクリル、ポリエステル樹脂、そして大理石の粉末などを混合した硬質素材です。
長所:シミが付かない素材。カウンターからシンクまで一体化したものもある。
短所:傷や焦げ跡が付きやすい。リサイクルできない素材なので環境に優しくない。
メモ:機能性や見た目が特に優れていない割にコストが高いため、最近はあまり人気がないようです。

 

DEAI TEAMメールマガジン<最新不動産ニュース>のご購読希望の方は

http://www.deaiteam.com/member/register/

DEAI TEAM<YouTube公式チャンネル>のご視聴は

https://www.youtube.com/channel/UCbt6FDivIn1Sx8DYfXBftLg

DEAI TEAMへのアメリカ不動産売買のご相談は

http://www.deaiteam.com/contact/

DEAI TEAMのWebサイト

http://www.deaiteam.com/