Smoke-Detector-300x200

煙探知機と一酸化炭素報知器について

こんにちは!
DEAI TEAM、アシスタントのMichelleです。
暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしですか?

さて、California Residential Code (CRC)というカリフォルニア州の条例により、
2011年1月1日からSmoke detector(煙探知機)、
2013年1月1日からCarbon monoxide alarm(一酸化炭素報知器)
の取り付けが義務付けられているのを、皆様ご存知でしょうか。

<Smoke detector / 煙探知機 について>
Smoke-Detector-300x200
2014年7月1日から、基準が更に厳しくなりました。
電池式のもので、10年以上の寿命のもの、かつ取り外し不可のものである必要があります。

(設置エリア)
・各ベッドルームに一つ
・ベッドルームに繋がる最も近隣の通路に一つ(廊下など)
・地下を含むそれぞれの階に一つ(但し、人が住めないような屋根裏などは除く)

(取り付け場所)
天井近くの壁。天井から4~12インチの箇所である必要があります。

さらに、2015年7月1日からは、使用開始日と設置場所も装置に明記しなければななりません。

カリフォルニア市のSmoke detectorに関するページはこちらです。
http://osfm.fire.ca.gov/informationbulletin/pdf/2013/13-006_SB745_Smoke_Alarm.pdf

 

<Carbon monoxide alarm / 一酸化炭素報知器 について>

carbon-monoxide-detector-lg1

一酸化炭素とは・・・
不完全燃焼を起こすと一酸化炭素が発生します。
一酸化炭素は、きわめて強い毒性をもっており、 その物性は空気とほぼ同じ比重で、
無色・無臭のためほとんど存在に気がつきません。

装置は、hardwiredか電池式のものである必要があります。

(設置エリア)
・燃焼機器のある地下室を含む、各階に一つ
・各ベッドルームに繋がる近隣の通路(廊下など)

もっと知りたい方は・・・
カリフォルニア市のサイトのCarbon monoxide alarmに関するページ
http://www.fire.ca.gov/communications/communications_firesafety_carbonmonoxide.php

これらは、HOME DEPOTなどで買うことができます。
ホームオーナーの方で、まだ取り付けがお済でない方は、
安全の為にもこの機会に取り付けをされて下さいね。

ご質問などがありましたら、いつでもDEAI TEAMにご連絡下さい。
DEAI TEAMへのお問合せはこちら