house_img

カリフォルニア州不動産市況 2014年12月/2014年間分析

皆様こんにちは。
DEAI TEAMです。

カリフォルニア州の2014年12月度不動産市況データが発表されました。

【最新不動産市況データ】

種類 / 2014年12月 / 2014年11月/ 2013年12月 / 価格前月比 / 価格前年同月比 / 取引前月比 / 取引前年同月比

加州一戸建 / $452,570 / $444,830 / $438,790 / 1.7% / 3.1% /-2.9% / 0.6%

加州condo, townhouse / $363,910 / $369,040 / $338,520 / -1.4% / 7.5% / 15.7% / 0.2%

LAエリア / $411,050 / $417,270 / $400,040 / -1.5% / 2.8% / 18.2% / 0.3%

カリフォルニア州全体で見ると2014年は後半から価格は横ばいに移行しました。
私どもがお手伝いしているPalos Verdes, South Bay, Beach Cities, Westsideではまだ緩やかな上昇がつづいています。

下のグラフは、カリフォルニアにおける、2014年の住宅販売価格帯についての構成比です。

changes in sales by price range in CA 2014
(引用元:California Association of Realtors)

取引件数は前年比11.7%減で、2007年以来の最低水準を記録。
その主な原因は2012年と2013年に起こった急激な価格上昇の影響と考えられています。

一年間でカリフォルニア州の債務超過(ローン残高が物件の市場価値を超えている)の物件数が28.5%減少し、12月現在で11.4%まで下がりました。

新築着工件数は約641,000件。2015年は約800,000件が見込まれています。

このところの雇用の増大、経済の回復、そして原油価格の引き下げなど、2015年は住宅の取引件数は確実に増えることが予想されています。
テキサス州など原油価格が下がることで悪影響を受ける一部の地域を除き、全米規模では経済への波及効果が見込まれています。

上のグラフにあるように、低い価格帯の取引が減少し、高額物件の取引が順調に増えています。
投資目的、そして自宅物件の双方とも価格帯が上がっていることを示しています。

2013年、2014年と取引件数は減少していましたが、下のグラフの通り、2015年から件数の増加が予想されています。

価格は3年間つづいた二桁上昇からは緩やかになり、5%くらいの上昇が見込まれています。

California Housing Market Outlook 2014-2015
(引用元:California Association of Realtors)

毎月、カリフォルニア不動産についての最新市況と、それについての分析をDEAI TEAMのメールマガジンで配信しています。
こちらのページにサンプルがございます。

また、不動産市況の他にも、おすすめ物件の情報や知って得する豆知識など、
ロサンゼルスや南カリフォルニアの不動産売買に関わる生きた情報を、日本語でお伝えしております。

ロサンゼルス不動産売買、ロサンゼルス不動産投資にご興味をお持ちの方は、ぜひご登録ください。
ご登録フォームはこちらです。

DEAI TEAM / RE/MAX ESTATE PROPERTIES
Palos Verdes, Torrance, Redondo Beach, Hermosa Beach, Manhattan Beach, Marina del Rey, West LA, Culver City, Santa Monica, Beverly Hills
ビバリーヒルズ、ウエストLA、サウスベイ、ビーチシティーズなど、
ロサンゼルス不動産売買、ロサンゼルス不動産投資なら、DEAI TEAMにお任せください。