レドンドビーチ開発4

【Redondo Beach / レドンドビーチウォーターフロント活性化】

皆様、こんにちは。DEAI TEAM のTomokoです。

今日は南カリフォルニア・レドンドビーチ市で長年議論されている、AES社発電所跡地のウォーターフロント活性化についてまとめてみました。

1954年~1967年に、レドンドビーチの発電所は建設されました。南カリフォルニア・エジソン社が1988年まで操業していましたが、エジソン社は発電設備の大半を売却、そしてAES社が発電所を購入しました。

レドンドビーチ開発3

レドンドビーチ開発8

約60年間操業していたAES社ですが、今後発電所の操業を停止することになり、その広大な跡地をどのように活用し、地域に重要な経済効果をもたらすか、B政策として、ハーバービレッジと呼ばれる大きなウォーターフロントの開発案が持ち上がっています。
レドンドビーチ開発2

発電所は段階的に廃止、解体され、新しく発電所を建設するか、もしくは、大規模な蓄電設備のような他の工業目的としての使用が検討されています。

 【Harbor Village Plan / ハーバービレッジプラン】

市は、約600世帯の住宅、企業、ショップ、カフェ、公共オープンスペース、歩行者遊歩道、公園、ビーチアクセスなど、バランスの取れた街づくりを目指しています。

レドンドビーチ開発1

レドンドビーチ開発10

レドンドビーチの住民からは、跡地に多くの住宅を建設すると治安が悪くなったり、渋滞を引き起こすなどといった、反対意見も出ていますが、市としては、公園の建設となると財政上苦しいというのが本音のようです。

レドンドビーチ開発7

レドンドビーチ開発12

ノース・ハーバー・ドライブの海側は既に別のプロジェクトで新開発が始まっています。
新しく生まれ変わるレドンドビーチのウォーターフロント活性化、これは、新たな観光スポットになりそうで楽しみですね。

レドンドビーチ開発11

 

< DEAI TEAM <RE/MAX ESTATE PROPERTIES >は

カリフォルニア州でも南カリフォルニア、ロサンゼルス近郊に14箇所のオフィスがあります。

皆様がハリウッド映画、ドラマでよく目にする、ロサンゼルスのハリウッド、ビバリーヒルズ、サンタモニカなどのビーチ沿いにある一般住宅などがDEAI TEAMの不動産売買エリアです。

 

そのエリアで一般住宅の不動産売買をお考えの方は、

是非お気軽にDEAI TEAMへご相談ください。

 

Tomoko

 

DEAI TEAMメールマガジン<最新不動産ニュース>のご購読希望の方は

http://www.deaiteam.com/register/member/

DEAI TEAM<YouTube公式チャンネル>のご視聴は

https://www.youtube.com/channel/UCbt6FDivIn1Sx8DYfXBftLg

DEAI TEAMへのアメリカ不動産売買のご相談は

http://www.deaiteam.com/contact/

DEAI TEAMのWebサイト

http://www.deaiteam.com/