理想のタイプ
〜引き寄せの法則への挑戦〜
Jay Deai ブログ

selfimage

 

“あなたの理想のタイプを教えてください”
と聞かれたら、

たとえ、伴侶やお付き合い相手がいたとしても、
とりあえずその人物を横に置いて、
ワクワクしながら、

チャーミングな外見の人がいい、
性格や価値観はこういう人が理想、
こんなアクティビティーや趣味を一緒にできたら素敵、
あんな仕草をする人に私は弱い、

など、好みのイメージがいくらでもでてきますよね(笑)

最近、私がドキッとさせられた話。

“自分がありたい理想像を教えてください”
と聞かれたら。。。

急にワクワク感が消え去り、
理想と大きく異なる現実に、「はぁぁぁ〜っ」と大きなため息が出る。。。

外見、思考や言動、人間関係、経済的や社会的地位などなど、
後悔や諦め、そしてそれらへの弁解で気持ちが重くなる人が多い。

これは自分を批評する目的ではないのです。

“何が足りないか?”
ではなく、
“自分の良いところ、そしてポテンシャル探し”をしてみてください。

「パーフェクトでない今の自分を好きになる」というのがスタート。

自分を好きな人は、他から見てとても魅力がある。
中から出てくる自信、ゆとり、そしてチャーム。

自分を好きになると、エネルギーが変わりすべてが好転する。
そして理想を惹きつける。